CodeIgniter4の公式チュートリアルをやってみる (3) post

この記事は CodeIgniter Advent Calendar 2020 - Qiita の4日目です。まだ、空きがありますので、興味のある方は気軽に参加してください。

CodeIgniter 4 の公式ドキュメントにあるチュートリアルを続けます。

CodeIgniter4の公式チュートリアルをやってみる (2) の続きです。

データベースへの書き込みを実装します。

Form の作成

記事を書き込むためのビューファイル app/Views/news/create.php を作成します。

<h2><?= esc($title); ?></h2>

<?= \Config\Services::validation()->listErrors(); ?>

<form action="/news/create" method="post">
    <?= csrf_field() ?>

    <label for="title">Title</label>
    <input type="input" name="title" /><br />

    <label for="body">Text</label>
    <textarea name="body"></textarea><br />

    <input type="submit" name="submit" value="Create news item" />
</form>

\Config\Services クラスは CodeIgniter4 のサービスロケータです。 CodeIgniter4 では、フレームワークのクラスはサービスとして、サービスロケータから取得できます。

\Config\Services::validation() メソッドは、CodeIgniter4 の Validation クラスを返します。

Form を受け取るためのコントローラメソッドの追加

News コントローラに Form を受け取るための create() メソッドを追加します。

--- a/app/Controllers/News.php
+++ b/app/Controllers/News.php
@@ -40,4 +40,30 @@ class News extends Controller
         echo view('news/view', $data);
         echo view('templates/footer', $data);
     }
+
+    public function create()
+    {
+        $model = new NewsModel();
+
+        if ($this->request->getMethod() === 'post' && $this->validate([
+                'title' => 'required|min_length[3]|max_length[255]',
+                'body'  => 'required',
+            ]))
+        {
+            $model->save([
+                 'title' => $this->request->getPost('title'),
+                 'slug'  => url_title($this->request->getPost('title'), '-', TRUE),
+                 'body'  => $this->request->getPost('body'),
+            ]);
+
+            echo view('news/success');
+
+        }
+        else
+        {
+            echo view('templates/header', ['title' => 'Create a news item']);
+            echo view('news/create');
+            echo view('templates/footer');
+        }
+    }
 }

コントローラの $this->validate() メソッドは、リクエストのデータを検証するための便利なメソッドです。

Model クラスの save() メソッドは、データを挿入または更新するメソッドです。今回は、プライマリキーの指定がないため全て挿入処理になります。

書き込み成功時のビューの追加

書き込みが成功した旨のメッセージを表示するための app/Views/news/success.php を追加します。

News item created successfully.

NewsModel の変更

NewsModel がデータを保存できるように、$allowedFields プロパティに変更可能なカラムを設定します。

--- a/app/Models/NewsModel.php
+++ b/app/Models/NewsModel.php
@@ -7,6 +7,8 @@ class NewsModel extends Model
 {
     protected $table = 'news';

+    protected $allowedFields = ['title', 'slug', 'body'];
+
     public function getNews($slug = false)
     {
         if ($slug === false)

ルーティングの追加

News コントローラの create() メソッドへのルーティングを追加します。

--- a/app/Config/Routes.php
+++ b/app/Config/Routes.php
@@ -32,6 +32,7 @@ $routes->setAutoRoute(true);
 // route since we don't have to scan directories.
 $routes->get('/', 'Home::index');

+$routes->match(['get', 'post'], 'news/create', 'News::create');
 $routes->get('news/(:segment)', 'News::view/$1');
 $routes->get('news', 'News::index');
 $routes->get('(:any)', 'Pages::view/$1');

news/create に GET または POST でアクセスされた場合に、News::create() メソッドを呼び出します。

記事の追加

では、http://localhost:8080/news/create にアクセスしてみましょう。

記事を入力して、「Create news item」ボタンを押します。

書き込みに成功しました。

プロファイラでデータベースクエリを確認してみます。

一覧を表示してみます。

一番下に追加した記事が表示されています。

以上で公式チュートリアルの内容は完了しました。データベースからの読み込みと書き込み処理までが含まれています。

News コントローラと NewsModel

コントローラとモデルのコードは以下のようになっています。

app/Controllers/News.php

<?php
namespace App\Controllers;

use App\Models\NewsModel;
use CodeIgniter\Controller;
use CodeIgniter\Exceptions\PageNotFoundException;

class News extends Controller
{
    public function index()
    {
        $model = new NewsModel();

        $data = [
            'news'  => $model->getNews(),
            'title' => 'News archive',
        ];
//        dd($data);

        echo view('templates/header', $data);
        echo view('news/overview', $data);
        echo view('templates/footer', $data);
    }

    public function view($slug = null)
    {
        $model = new NewsModel();

        $data['news'] = $model->getNews($slug);

        if (empty($data['news']))
        {
            throw new PageNotFoundException('Cannot find the news item: '. $slug);
        }

        $data['title'] = $data['news']['title'];
//        dd($data);

        echo view('templates/header', $data);
        echo view('news/view', $data);
        echo view('templates/footer', $data);
    }

    public function create()
    {
        $model = new NewsModel();

        if ($this->request->getMethod() === 'post' && $this->validate([
                'title' => 'required|min_length[3]|max_length[255]',
                'body'  => 'required',
            ]))
        {
            $model->save([
                 'title' => $this->request->getPost('title'),
                 'slug'  => url_title($this->request->getPost('title'), '-', TRUE),
                 'body'  => $this->request->getPost('body'),
            ]);

            echo view('news/success');

        }
        else
        {
            echo view('templates/header', ['title' => 'Create a news item']);
            echo view('news/create');
            echo view('templates/footer');
        }
    }
}

app/Models/NewsModel.php

<?php
namespace App\Models;

use CodeIgniter\Model;

class NewsModel extends Model
{
    protected $table = 'news';

    protected $allowedFields = ['title', 'slug', 'body'];

    public function getNews($slug = false)
    {
        if ($slug === false)
        {
            return $this->findAll();
        }

        return $this->asArray()
            ->where(['slug' => $slug])
            ->first();
    }
}

CodeIgniter3 と比べて、変わった?あまり変わらない?どうでしょうか?

このチュートリアルは CodeIgniter3 のチュートリアルとほぼ同一なのですが、実は XSS 対策が追加されています。

この記事は CodeIgniter Advent Calendar 2020 - Qiita の4日目です。まだ、空きがありますので、興味のある方は気軽に参加してください。

参考

Date: 2020/12/04

Tags: codeigniter, codeigniter4, database