トイドローン Tello を Scratch でプログラムする post

Tello とは?

1万円ちょっとで買える200g未満のドローンで、スマホでコントロールします。動画や静止画を撮ることもでき、また、プログラムでドローンを制御することが可能です。

オンラインでもいろいろなところから買えますし、

実物も 大須ドローンステーション などで見られると思います。

初期設定の手順は以下を見るとわかります。

ちなみに、Tello はドローン本体が Wi-Fi AP になっており、それにスマホやMacなどを接続するため、1台のドローンしかコントロールすることができません。複数台にコマンドを送信し制御したいという人は Tello EDU という機種があり、そちらはドローン本体を既存の Wi-Fi AP に接続できるそうです。

開発環境の構築

Mac で開発環境を構築してみます。

Windows でも似たようなものだと思いますが。

Scratch 2.0 Offline Editor のインストール

https://scratch.mit.edu/download/scratch2 にアクセスします。

リンクから、Adobe AIRをダウンロードし、インストールします。

Scratch 2.0オフラインエディターをダウンロードし、インストールします。

Node.js のインストール

https://nodejs.org/en/ にアクセスします。

「10.15.3 LTS Recommended For Most Users」をダウンロードします。 Node.js をインストールします。

Tello.js のインストール

Tello公式ウェウサイト にアクセスし、「Scratch README」をクリックします。PDFファイル「Tello Scratch README」が開きますので、「Click here to download」のリンクをクリックします。

Scratch_For Tello.7z がダウンロードされますので、展開します。

$ 7z x Scratch_For\ Tello.7z

展開すると「Scratch_普通版」フォルダが作成されます。

Scratch に Tello.s2e をインストール

Scratch を起動します。

Shift キーを押しながら、「ファイル」メニューをクリックし、「実験的なHTTP拡張を読み込み」をクリックします。

「Scratch_普通版」フォルダの中の「Tello.s2e」を選択します。

これで、「スクリプト」タブの「その他」に「take off」「land」などの Tello を制御するコマンドが追加されました。

プログラミング

Scratch でプログラミングします。

Scratch の使い方がわからない方は、以下の記事などを参考にしてください。私もよくわかっていません。

プログラム実行の準備

Tello の起動

Tello のスイッチを on にします。

Wi-Fi 接続

Mac から Tello に Wi-Fi で接続します。

Tello.js の起動

ターミナルから、「Scratch_普通版」フォルダに移動して、Tello.js を実行します。

$ cd Scratch_普通版/
$ node Tello.js 
---------------------------------------
Tello Scratch Ext running at http://127.0.0.1:8001/
---------------------------------------
server listening 0.0.0.0:8890
Data received from server : ok
Received 2 bytes from 192.168.10.1:8889

[lhp_debug]carryCMD_else

これで、準備 OK です。

プログラムの実行

ドローンの位置とプログラムの内容を確認してから、Scratch からプログラムを実行しましょう。

一旦実行すると、ドローンを途中で止めることができませんので、誤った場所から飛ばすと、壁に激突したりして危険です。

うまくいけば、Tello が飛んでいるはずです。

参考

Date: 2019/04/22

Tags: tello