CodeIgniter 3.0をコマンド一発でインストールするCodeIgniter Composer Installer post

CodeIgniter 3.0がMITライセンスでリリースされたわけですが、公式なインストール方法はZipファイルをダウンロードするというものです。初心者にやさしいCodeIgniterなので、これで動かせるのは理にかなっています。

しかし、日頃からComposerに慣れているPHPユーザには、Composerでフレームワーク(CodeIgniter)のバージョンアップができた方がいいです。

以下の記事に、そのようにComposerでフレームワークを管理する方法がありました。

これでいいのですが、できればコマンド一発でインストールしたいです。

というわけで、コマンド一発でインストールできるパッケージを作りました。

CodeIgniter Composer Installer

CodeIgniterのインストール

composerがインストール済みの環境で、以下のコマンドだけで最新のCodeIgniterがインストールできます。

$ composer create-project kenjis/codeigniter-composer-installer codeigniter

上記のコマンドは、

  1. プロジェクトのフォルダを作成し、CodeIgniterをComposerでvendorフォルダ以下にインストール
  2. applicationフォルダをプロジェクトのトップにコピー
  3. index.phppublic/index.phpにコピー
  4. フォルダのパスの調整とcomposer_autoloadの設定

をします。

インストールするCodeIgniterは本家の`master`ブランチです。本当はバージョンを指定しようと思ったのですが、Packagistの`codeignter/framework`に何故か`3.0.0`がなかったので、`dev-master`にしてます。

インストールするCodeIgniterは本家の3.0.*です(codeigniter-composer-installer v0.1.2以降)。

フォルダ構成は以下のようになります。

codeigniter/
├── application/
├── composer.json
├── composer.lock
├── public/
│   └── index.php
└── vendor/
    └── codeigniter/
        └── framework/
            └── system/

言語ファイルのインストール

(2015/06/06更新) (2015/04/30追記)

日本語の言語ファイルをインストールします。

$ cd /path/to/codeigniter
$ php bin/install.php translations develop

これでapplication/language

developブランチの言語ファイルがコピーされました。

他にもサードパーティ製のライブラリをインストールするスクリプトも少し付属しています。詳細は、

を参照してください。

CodeIgniterのバージョンアップ

CodeIgniterのバージョンが上がっても、以下のコマンドで更新できます。

$ cd /path/to/codeigniter
$ composer update

ただし、もし、applicationフォルダ内のファイルやindex.phpが変更された場合は、それらを手動で更新する必要はあります。その場合は、ユーザガイドに従って作業してください。

systemフォルダ以下は完全に更新されますので、systemフォルダ以下のファイルを直接変更することは禁止してください。バージョンアップ時に消えてなくなります。

関連

Date: 2015/04/24

Tags: codeigniter