CodeIgniter 3のライセンスがMITライセンスに変更され、いわゆるライセンス問題は完全に解消 post

CodeIgniter 3.0がMITライセンスでリリースされることが決まりました!

GitHubのリポジトリは、すでにMITライセンスに変更されています。

CodeIgniter 3.0はOSL 3.0というあまり聞いたことのないオープンソースライセンスでリリースされることが開発元のEllisLabにより決められていました。

OSL 3.0へのライセンス変更の詳しい経緯に興味がある方は、

を参照して下さい。

OSL 3.0は、GPLと互換性がないこと、ライセンスがマイナーで解説などの情報が少ないなどライセンスを理解するのが困難なこと、コピーレフトなライセンスであることなどから、一部のユーザからは歓迎されていませんでした。

しかし、EllisLabがビジネス上の判断からCodeIgniterを手放すことになり、オーナーがブリティッシュコロンビア工科大学(BCIT)に変わりました。

今回、BCITはアカデミックな世界の存在であり、EllisLabとは違いよりオープンで寛容なライセンスが望ましいということで、CodeIgniter 3.0をMITライセンスでリリースすることを決定しました。

ライセンス変更に関するタイムライン

日付(日本時間) 出来事
2013/07/10 EllisLabがCodeIgniterの新しいオーナーを探すことを発表
2014/10/06 EllisLabがCodeIgniterの新しいオーナーがブリティッシュコロンビア工科大学(BCIT)に決まったことを発表
2014/10/14 BCITのCodeIgniter Project LeadであるJames ParryがEllisLabのフォーラムにThe Future of CodeIgniterを投稿。ユーザからのライセンスがOSLになることへの不満も投稿される
2014/10/23 BCIT運営の新しいフォーラムにThe CI 3.0 licenseが投稿されライセンスの変更が要望される
2014/10/28 Project LeadであるJames ParryがCodeIgniter 3 Will be Released Under the MIT Licenseを投稿し、MITライセンスへの変更を公表

ということで、いわゆる「CodeIgniterのライセンス問題」は完全に解消しました。

なお、CodeIgniter 2.xまでは、今まで同様、EllisLabのCodeIgniterライセンスのままです。このライセンスはOSIに認定されたオープンソースライセンスではなく、また、一般的にGPLと非互換であると理解されています。

関連

Date: 2014/10/31

Tags: codeigniter