さらにPuxのルーティング性能をベンチマークしてみた

(2014/01/15 13:30追記) この記事のPuxのベンチマーク結果は、Cで書かれたPuxのPHP機能拡張が使われておらず、PHPで書かれたPuxの結果のようです。修正記事を後ほどアップします。

(2014/01/15 16:20追記) PHP機能拡張が使われていないわけではないことがわかりました。後日、詳細な記事をアップします。

(2014/01/16追記) 【完全版】Pux - A High Performance PHP Routerのルーティング性能をベンチマークしてみたをアップしました。

昨日のOrePhalconとOrePuxでPhalconとPuxのルーティングをベンチマークしてみたの続きです。

Puxについては、チューニングの余地がまだありました。

ベンチマーク環境

OS: Ubuntu 12.04
Apache: 2.4.7
PHP: 5.5.6 (32bit)
Phalcon: 1.2.5
Pux: 1.1.2 (C extension), GitHub master f42393f9d174872b48884363acb1344355aa43da (Tue Jan 14 02:22:26 2014 +0800)

OrePux Basic版

OrePhalconをPuxに移植したOrePuxです(昨日の記事と同じ)。

index.php:

<?php

ini_set('display_errors', 1);
error_reporting(-1);

require __DIR__ . '/../vendor/autoload.php';

$mux = new \Pux\Mux();
$mux->get('/hello/:name', ['hello','say']);
$route = $mux->dispatch($_SERVER['PATH_INFO']);

$controller = ucfirst($route[2][0]);
$action     = $route[2][1];
$params     = $route[3]['vars'];

try {
    $controllerFilePath = __DIR__ . '/../app/controllers/' . $controller . ".php";
    if (! file_exists($controllerFilePath)) {
        throw new Exception("controller file is not found");
    }
    require $controllerFilePath;
} catch (Exception $e) {
    echo $e->getMessage();
    exit;
}

echo $controller::$action($params);

.htaccess:

AddDefaultCharset UTF-8

<IfModule mod_rewrite.c>
    RewriteEngine On
    RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
    RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
    RewriteRule ^(.*)$ index.php/$1 [L]
</IfModule>

Hello controller

Helloコントローラを用意します(昨日の記事と同じ)。

../app/controllers/Hello.php:

<?php

class Hello
{
    public static function say($params)
    {
        return "Hello " . $params['name'];
    }
}

OrePux Compiled Mux版

Puxは、ルーティング情報をコンパイルすることでさらに高速化が可能です。

まず、ルーティング情報をroutes.phpに記載します。

routes.php:

<?php

require __DIR__ . '/../vendor/autoload.php';

$mux = new \Pux\Mux();
$mux->get('/hello/:name', ['hello','say']);
return $mux;

routes.phpをpuxコマンドでコンパイルします。

$ curl -O -k https://raw.github.com/c9s/Pux/master/pux
$ chmod +x pux
$ ./pux compile -o mux.php routes.php

そして、OrePuxのindex.phpをコンパイルした情報を使うように変更します。

index.php:

<?php

ini_set('display_errors', 1);
error_reporting(-1);

require __DIR__ . '/../vendor/autoload.php';

$mux = require 'mux.php';
$route = $mux->dispatch($_SERVER['PATH_INFO']);

$controller = ucfirst($route[2][0]);
$action     = $route[2][1];
$params     = $route[3]['vars'];

try {
    $controllerFilePath = __DIR__ . '/../app/controllers/' . $controller . ".php";
    if (! file_exists($controllerFilePath)) {
        throw new Exception("controller file is not found");
    }
    require $controllerFilePath;
} catch (Exception $e) {
    echo $e->getMessage();
    exit;
}

echo $controller::$action($params);

ベンチマーク

ab -n 1000 http://localhost/OrePux/web/hello/xxxのようにベンチマークしました。

Framework Requests per second Relative
OrePux Basic 389.64 100%
OrePux Compiled Mux 477.80 123%

Compiled Muxを使うことで、23%ほど高速化しました。

なお、$mux->get()より$mux->add()にした方が速いという情報ももらいましたが、手許の環境では差はわかりませんでした。

(2014/01/15 13:30追記) この記事のPuxのベンチマーク結果は、Cで書かれたPuxのPHP機能拡張が使われておらず、PHPで書かれたPuxの結果のようです。修正記事を後ほどアップします。

(2014/01/15 16:20追記) PHP機能拡張が使われていないわけではないことがわかりました。後日、詳細な記事をアップします。

(2014/01/16追記) 【完全版】Pux - A High Performance PHP Routerのルーティング性能をベンチマークしてみたをアップしました。

参考

Date: 2014/01/15

Tags: pux, php, benchmark