FuelPHP 1.7がリリースされました post

バグ修正および機能追加と改良を含むFuelPHP 1.7が10/14にリリースされました。

すべてのFuelPHPユーザは1.7へアップグレードすることが推奨されますが、既存のアプリをアップグレードする前に、Changelogで変更点をチェックしておきましょう。

なお、FuelPHP 1.7は1.x系の最後のリリースバージョンになります。今後の開発はFuelPHP 2.0のみに移りましたので、今後は、1.x系へはバグ修正のPull Requestのみが受け付けられます。

1.7へのバグ修正は1.8/developブランチに送信してください。1.8/developブランチは、1.x系の保守のために作成されたブランチです。

主な変更点

セキュリティ関連の修正は、すでに公表済みのFuelPHP 1.6.1 以下へのセキュリティ勧告(脆弱性)に対する修正のみです。

目についた変更点を以下にピックアップしました。1.7は大きな変更はなく、バグ修正と小さな機能追加が主です。詳細は、Changelog v1.7を参照してください。

  • Authパッケージの多数のバグ、特にOpAuthやOrmauthドライバに関するものが修正されました。
  • Ormパッケージの多数のバグ、特にModel_SoftとModel_Nestedsetに関するものが修正されました。
  • Twitter Bootstrapは3.0にアップグレードされました。
  • リバースルーティングで正規表現のルートを使えるようになりました。
  • DBは、アプリケーションから完全に透過的なマスター/スレーブ設定をサポートしました。
  • CSRFトークンの隠しフィールドをフォームに追加するためのForm::csrf()メソッドが追加されました。
  • Langクラスに、言語データをデータベーステーブルに格納するドライバが追加されました。
  • Pagination::render()にレンダリングされたHTMLではなく、生のページネーションデータを返すオプションが追加されました。
  • Validation Errorオブジェクトから、すべてのまたは個々のエラーメッセージを取得するValidation::get_error_message()が追加されました。

『はじめてのフレームワークとしてのFuelPHP』

FuelPHP 1.7対応の追加情報が出ています。詳細は、以下のサポートサイトの「追加情報」を参照願います。

FuelPHP 1.7 翻訳ウィーク

FuelPHP 1.7のリリースに合わせて、公式ドキュメントの翻訳を加速するためのイベント、「FuelPHP 1.7 翻訳ウィーク」が開催されています。

バグ情報

バグに関する情報は、以下を参照願います。

関連

Date: 2013/10/15

Tags: fuelphp, release